topimage

2015-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「HERO」を観て、感じたことをアメブロでも書いたのですが、性懲りも無くまだまだ!だらだらだらだらと書き綴ってみようと思います。テヘっ♪ - 2015.07.23 Thu

こちらのブログでは、ご無沙汰の更新です。
映画ブログのアメブロばかり贔屓になっており・・・すみませそッ

アメブロで紹介した記事の詳細を本日はこちらにて追記させて頂きます。



木村拓哉さんの演技が素晴らしかった☆と、いうお話です。

少し話が逸れますが、
冴羽一のやっている無影拳も同じでして、やればやる程にわからなくなる。

例えば、パンチ 1つ出すにしても、
拳をどう握るのか? 
どのタイミングで握るのか?・・
どこに力を込め、
何処からその威力を発動させて、
何処をどう通って、
、、、、、、、、、、、相手へ伝えるのか?!

様々な袋小路・・・迷って、迷って、それでも!!!
Try & Error を繰り返して・・・最終的には、

当てれば良い

その境地に至る。
そして、落ち着いたと思ったら、、、また迷い出すのです。
その繰り返し(笑)
己が、やめるまで、永遠に続く修練。。

同じ!なんです。

俳優の演技って何なんだろう?
突き詰めれば、突き詰める程 わけがわからなくなります。

ロバート・デ・ニーロ のように、作品によって、
全くの他人に成りきる!が、俳優

二階堂ふみさんも興味深いことを仰ってました。

自意識は不要。
自分の身体は器 的な。。その役、その役で身体を貸している。みたいな。

なるほどな・・・・
と。若いのに、凄い! 天才だな。。と感じてしまいました。


de 本題ですよ。
木村拓哉さん。

誰もが知るスーパースターですから、
賛否両論なのは、当たり前なわけですよ。


結論から言うと、
好きか?嫌いか? だと、思うのです。
演技も、結局は。。



少し、スタイルが違う。
自分を合わせて行くのではなく、
木村拓哉さんに役柄を合わせている。


否定的な方が口にするのは、
「 ナニを演じても、 木村拓哉 」

正解◎
でも、それは 物凄いことだと冴は思うのです。
僕は、山田洋次監督作品「武士の一分」を観て、感激しました。

ズーズ~弁&落ち武者カットの武士
なのに、木村拓哉さん!
これは、御家芸!と僕は思いました。
そして、ある人物を思い出しました。



その人は、僕 冴羽一の神様です。

























ジャッキー・チェン






ジャッキー・チェンという冴の神様と同じだ!! と。

ここで クエスチョン です。
何故?ジャッキー・チェンがアクション俳優として
頭一つ飛び抜けたと思いますか?
































アクションが凄いから?




正解◎

でも、
もっと!身体能力が高い人間は他にも居ると僕は思います。

例えば、トニー・ジャー
(あ 冴と同じ年だ! 笑)





じゃぁ喧嘩の強さ?


正解◎
だけど、ジャッキー・チェンより強い人も☆の数程居る筈です。
例えば、プロの格闘技の選手とか・・・・









顔?

正解◎
でも、それは好きずきの 癖(へき)の問題ですよね?(笑)







じゃぁ なんなんだよっ!?











僕は、演技力だと思うのです。

最近のジャッキー映画は、正直あまり好きではありません。
アクションを封印して、演技派へ転身をはかりたい!!
それが顕著過ぎて…
そんなことをしなくても、そもそもジャッキーは演技が上手い!

ファンには有名な「ファースト・ミッション」
での涙を流すシーンのみならず、他の作品すべてにおいて!
僕は、アクションしてる最中も、
痛い!怖い!怒り!哀しい!嬉しい!…
様様な感情をジャッキーから感じるのです。それって、凄いこと!

そう。
そもそも日本上陸1作目の「酔拳」から
ジャッキー演技は確率していた気がするのです。

話を戻すと、
木村拓哉さんとジャッキー・チェン
似ても似つかない2人がオーバーラップしたのです。

どちらも唯一絶対の存在。

多くの人々に愛され(アンチも居るけど)
多くの後輩達がそのスタイルを真似する。。。
でも、

その物真似は誰ひとり成功しない。。



だって、オリジナルが凄過ぎるから!

何カ所かあって、どこだったか?忘れてしましましたが、
木村拓哉さんの目の芝居が、お見事!でした。


そこには 嘘 が無かった。




「HERO」

観るの凄く!楽しみでしてね(出なきゃ 駄目よね!? 笑)、
実は、初日の舞台挨拶(中継)付きで鑑賞致しました。


僕ね、木村拓哉さんとは共演させて戴いたことないんです。
別の作品の撮影をなさっていて、何度かすれ違い様に挨拶。。だけ
だから、TVを観てのお姿でしか、わからないのですが・・・

初めて見る木村さんが、舞台挨拶にはいらっしゃってました。

TVでの印象は、どちらかというと頓智が利く
器用な、スマートな喋りをなさる方(カッコイイよな〜〜)
でも、
舞台挨拶では、弱冠 顔が引きつって・・・(怒ってる?)
あまり流暢では、、

「え〜っと・・」
「え〜〜っと・・」
「え〜〜〜っと・・」



ことばに詰まり詰まり、、で喋っている。
でも、それが僕には 凄く!感動したのです。






ホンキ なんだな。。





木村拓哉さんのホンキの作品で、
嘘 が無い ホンキのことばなんだな・・・なんて真摯な方なんだろう。。


ますます!かっこいいな。。
やっぱり!凄い人だな〜〜と感じたのと同時に、再認識しました。




人が やること



モノ創り

演技

仕事(全ての!)



人が やること

それには、その人が反映される。



だから、まず 人として!



インチキ:嘘 が無いこと

精一杯!届けること


教えて頂いた気がします。多謝!!

木村拓哉さんは、モノホンでHEROだな〜
僕はHERO とは対極ですけれど(笑)、ばんがりますっ


映画「HERO」
素晴らしい映画でした。冴羽一、お薦めです!


LOVE冴羽一

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Saeba Kazu

Author:Saeba Kazu
俳優・冴羽一がSUPER☆きまぐれに綴る雑記帳です。 お付き愛いただけたらHAPPYです♡

Thank you for come by.
I am an actor Saeba Kazu.
I hope we will get on well together♡

俳優・冴羽一公式サイトがOPEN☆
kazusaeba.com

最新情報や、動画配信等も行っていきますので、応援よろしくお願いします!



お仕事上のプロフィール
日本タレント名鑑



別ブログでは、大好きな!
映画について書いてます。
よければご一緒下さい♡
もっともきまぐれな不死鳥

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (124)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。